ゲームになった世界史及び日本史

『ニーア オートマタ』(NieR:Automata)で有名なヨコオタロウさんのこのツイートからゲームのリメイクや作品のモチーフに関して色々考えが広がったのでまとめとして書き留めておく。

 

ツイート内容は往年の名作シューティングが難しいと言う質問箱の感想に対して『シューティングは難しくなったから間口が狭くなったと言われているが難易度が高くても売れている作品はあるから、その違いはどこが作ったかと言うネームバリューなんだろうか?』といった感じのもの。

個人的にはシューティング、なかでも2Dスクロールシューターと分類される物はやはり古臭さを感じてしまい取っ付きにくくなる。インベーダーやゼビウスの頃から変わっていないと言う印象を受けてしまうが実際にはプレイしていないので分からない。分からないが弾幕ゲーと聞いて『あぁそういう感じのゲームね』とその時点でやるかやらないかが決まってしまう。これがいわゆるネームバリューの内でもジャンル分けと言われるもので、やはり知っているか知らないかは重要な購買動機になると感じる。

では知っているゲームと知らないゲームではどちらが売れるのだろうか?個人的な好みもあるだろうが結論から言うと知っているけど知らないゲーム、もしくは知らないけど知っているゲームが売れると思った。

ゲームを構成する要素として脚本、監督、デザイン、音楽、ジャンル、UI、はたまた開発元や販売元もネームバリューに含まれるだろう。それらの内で知っていると安心するもの、あるいは不安になるもの。知らないとワクワクするもの、あるいは興味がわかないもの。色々と分けられると思う。その中でも重要な物として脚本、つまりストーリーについて考えてみた。

ストーリーに関して、知っている物と知らない物ではどちらが売れるのだろうか?これも個人的な感覚になるが知っている物、つまり広く知られている有名なストーリーの方が売れると思う。有名なストーリーというのは売れた作品であり受け入れられた下地があるから脚本としての面白さがある程度保証されているとも言える。逆に知らない物、全く新規のストーリーの作品はかなり冒険になると感じる。システムや音楽が良くてもメインストーリーがつまらなくては売れないだろう。

こういった考えから過去の名作のリメイクが作られるのだろうがそもそもゲームの主題として過去の歴史作品や娯楽小説、英雄譚や神話などをゲーム化すると言うのもある。日本神話やギリシャ神話、三国志や戦国時代もの、第二次世界大戦もよく主題になっている。歴史として今も残っていると言う事はその話が受け入れられたから、つまり売れたからだ。ギルガメッシュ叙事詩は大ヒットして複製が大量に作られたから遺跡に粘土板が残っていたのだ。

その流れの中でまだ取り上げられていないストーリー、歴史として知られているけどゲームとして知られていないストーリーのゲームを作れば売れるのではないだろうか。個人的に知らないだけかも知れないがまだゲーム化していない歴史物。世界史で言うとアレクサンドロス大王時代の『ヒストリエ』か始皇帝時代の『キングダム』なんかが思い浮かぶ。日本史で言うと古代の卑弥呼とか飛鳥時代聖徳太子、もっと下って明治維新西郷隆盛なんかはまだゲーム化していないのではないだろうかと考えた所でこれを書き始めたのでこの辺りで終わりとする。続きがあるとしたら先に挙げた物がゲーム化されたらだろうか?期待して待っていよう。

ウクライナとロシアの戦争について

連日のウクライナ関連のニュース動画のコメント欄を見ていると度々出てくるブダペスト覚書。ニュース内ではあんまり聞いた事の無いワードだけどコメント欄では結構頻出しているので気になって調てみた。

ja.m.wikipedia.org

ウィキペディアなので正しくない可能性もある事を念頭に置きつつ協定内容の所を読んでみたが、なるほどまさしく覚え書きでニュースにも出てこない訳だと思った。意味がないから。

協定内容を軽くまとめると『ウクライナ内に有る核兵器をロシアに引き渡したらロシアとアメリカとイギリスが国境とか安全も尊重するし何か問題が起こったら国連にも話してあげるよ』みたいな内容だった。一見すると現在の状況はロシアにしてもアメリカにしてもイギリスにしても全然守ってない様に見えるが、よくよく文章を読んでみると別に違反はしていないとも言える。国境や安全も"尊重"して非難の声を上げているし国連安保理に"話して"はいるから。つまりほとんどが努力目標みたいな物で唯一義務的に書かれている内容も国連に行動を依頼するだけで国連が動かなければ何もしなくて良いのだ。そしてロシアは国連安保理常任理事国であり拒否権を持っている。国連が動けるはずも無い。

この様に覚書の名前の通り密約や口約束よりマシ程度で条約や同盟なんかでは全くないので実際に戦闘が起こってしまっている現状では話しても無意味だからあまりニュースで取り上げないのだろうと感じた。この覚書が交わされた時の状況を考えるとソ連が崩壊して残された核兵器だけど自分達では運用できないし大国には危険視されて圧力かけられるしで厄介な代物でしか無かっただろう。だからこの覚書程度の内容で合意してある程度の優遇で良しとしたのだろうが今の状況を鑑みれば一個くらい隠し持って置けば、かなり非難はされるだろうが戦争にはならなかったかも知れないとも思った。

るしあとまふまふ騒動の所感

ホロライブ所属アイドルVtuber潤羽るしあ(以後るしあ)の配信上に、紅白にも出場した大人気歌い手まふまふからのメッセージが映ってしまい絶賛炎上中。

今回はVtuber業界に留まらず外部コミュニティにも飛び火しそうなので便乗して、こういった騒動に対する個人的な感想を書いて置く。結論から言ってしまうと自業自得であり外部から手を出せる話でも無いので刃傷沙汰など起こされない様に処理して下さいといった所。警察の厄介になるレベルまで騒動が膨らむとVtuber業界全体のイメージダウンになるのでそこのラインは超えないで欲しい。

 

では適当に経緯を解説してみよう。ことの起こりは先程も書いたとおり、るしあの配信画面にまふまふからのごく個人的なメッセージが映り込んでしまった事だ。これはPSNetworkが1月31日からDiscordと連携できるようになった事が原因だと思われる。

fpsjp.net

新しく追加されたばかりの機能だから表示設定をOFFにしていなかったのだろう。その内容が同棲を伺わせる物だった為に、るしあとまふまふ両者のファンの内のガチ恋勢と呼ばれる人たちが阿鼻叫喚の騒ぎを起こす事になってしまった。そもそもこの二人は四年ほど前に交際を疑われておりその際には完全に否定、その後もガチ恋営業と呼ばれる”ファンの人達が恋人であるから私的な恋人はいない”という設定で活動を続けていたのだが今回の騒動でそれらが完全に嘘であると見做されてしまったのである。

 

さて今回の騒動は昔からよくある有名人の恋人バレの一貫な訳だがVtuberである事とガチ恋営業をしていた事が少し毛色を変えている要因だろう。Vtuberという二次元のアバターを使っている為に現実のアイドルとは違うという幻想を信じさせてしまえる点とガチ恋営業というファンが恋人である設定に矛盾が生じてしまった点で二重に裏切られたと感じている人もいるのではなかろうか。そういったガチ恋勢を愚かだと馬鹿にするのも結構だがそこから1歩先に思考を進めるとどうなるだろうか?昔から事件の裏には女とカネがあると言われる通りこの2つが一番事件に発展しやすい要素であり今回の騒動を敢えて事件に当てはめるとするなら、恋愛感情を利用してお金を騙し取る結婚詐欺が近いと思われる。もちろん実際には騙し取った訳ではなくスーパーチャットやグッズの販売による正当な取引ではあるが、バーチャルに恋をして盲目になるタイプの人達が果たしてそれで納得するだろうか・・・。運営会社と当人達には燃え広がらない内に後始末をして貰いたいものである。

美容格差がなぜ起きるのか

いつもの様にYouTubeを眺めていると、この切り抜きのコメント欄でチー牛が発狂していると煽るコミュニティが流れてきた。


www.youtube.com

内容を軽く説明すると男性は眉を整えない人が結構いるから整えた方が良いよと言うVTuverに対して、一部リスナーが顔出しせずにVTuverやってる人に言われたく無い等と中傷、これに対してファンがこれだからチー牛はモテないし友達もいないなどとさらに煽り返している模様。

 

 

この一連の流れを見て気になったのがコメント欄にちらほらと、何故眉を整える程度の身嗜みのアドバイスで反発するのか理解出来ないと言っている人がいる事だ。なのでそこの意識や価値観の違いを主観で分析してみる。主観なのでデータは無いし根拠も自分の知見だけなのであしからず。

まず話の大元である美容と何か?容姿とは何なのかを考えてみる。美容と言って思い浮かべるのは話に出た眉を整えるだったり髪を切ったり肌の保湿をしたり脱毛をしたり、さらに進むと化粧からファッションからダイエットにライフスタイルまで連想することが出来る。それらを行う理由は一言で言うとモテたいからになるだろうか。人からの印象を良くして仲良くなりたいと言い換えても良いかもしれない。

つまり他人から見て美しいと感じたり清潔感があるなと感じて貰うのが主な目的だ。ここで大事なのが他人がどう感じるのか押しはかる能力、いわゆる空気を読むとかファッションに敏感かどうかだ。人からモテたいと思っていても半世紀前の流行りのファッションではなかなか難しいだろう。

 

では次に何故チー牛と呼ばれる様なオタク達が反発しているのかを考えてみたい。これも一言で言えばモテたく無いになってしまうだろう。人からの印象を良くしたり清潔感を持って貰う事に価値を見い出していないのだ。また別の理由としてはそれらがモテると思っていない事がある。ボサボサの眉だったりモジャモジャの髪や伸び切ったヒゲとか毛深い身体がカッコいいと思っているのだ。

まずモテると思っていない理由について考えてみる。これは単純に好みの問題と言い換えていいだろう。外国ではヒゲが生えていたり眉毛が濃かったり肌が焼けていたり、はたまた太っていた方がモテると言う話もよく聞くだろう。また時代によってもモテる基準は変わる。明治時代以前の江戸時代は頭頂部を剃ってマゲを結うのが身嗜みでありマゲを結っていないのは子供か変人だけだ。

問題はモテたく無いと思っている人達だ。その理由も個々人で様々だしその段階にも違いがある。異性が嫌い、好きでは無い、同性が好き、過去にモテたせいで酷い目にあった、そもそも他人が嫌い、人を好きになる気持ちが理解出来ない、愛情も理解出来ない、人の気持ちも理解出来ない、とここら辺までくると精神を病んでいると判定されるレベルになる。

これらのコミニュケーションの仕方が違う人や美の価値観が違う人に対して一般的なアドバイスをすると今回の様な反発が起こるのだ。自分が好きでは無かったりどうでもいいと思っている事を正しいと言われるとあたかも自分が間違っていると言われている様に感じてしまうのだ。アドバイスをしている方はあくまで善意から言っているのが余計に鼻持ちならないと感じるのだろう。愚かなブサイク共にごく一般的な常識を優しく教えてやろう、とこの様に言っていると感じてしまうのだ。何故なら価値観が違うから、人の気持ちが理解出来ないからだ。

今回の件から学ぶ事は自らの意見を表明する時はあくまで個人の意見であり他者を傷つける意図は無く、また違う意見も尊重しているとハッキリと事前に言っておく事だ。これが多様性を認める事だと思う。

文化のピラミッド構造

産業等と同じ様に文化活動もピラミッド型の構造をしていると感じる。ここで言うピラミッドは、その文化を理解出来る人数の多い物ほど土台として底に大きく広がっていると考える。つまり人間の三代欲求に訴えるものが最も大きく料理、ポルノ、音楽が当てはまると思う。料理動画を見ると腹が減るしポルノを見るとマスターベーションをしたくなる。音楽に関してはクラシックを聴くと眠くなるのは心地よく精神を癒やしてくれるからだと言われている。

次の中層は一般的な文化と呼ばれる物の多くが含まれてスポーツ、絵画、文学、哲学、ファッション等があると思う。それらの派生系であるサブカルチャー全般もここに含まれるだろう。

そして上層と中層の違いは何かと考えると戦争の火種になりうるか否かだと思う。ここで言う戦争はガチの国家間や内紛レベルの死人が出る物の事で文化内の代理戦争ではない所が重要だと思う。言語、宗教、経済、法律、またはそれらの集合体である政治文化がこの上層にあると考える。

こうしてピラミッド型に文化を分類してみた理由はYouTubeの配信や動画におけるコメントの民度と呼ばれる物が何に依存するのかを考え、結局の所視聴人数が多ければ争いになりやすいとなったからだ。ではどのジャンルが視聴人数が多いまたは少ないのかと考えて自分なりに分類したが、結果を見ると下層ほど平和的で上層のジャンルは危険を孕んでいると感じた。つまりガチのヤバい所は迂闊にコメントすると袋叩きにあうから民度が高く、コメントが荒れている様な所はトンチンカンな事を言っても許される土壌があるため民度が低いとなるのではないだろうか。どちらが文化の発展の為に良いのかは分からないが配信者や視聴者がこれらの事を承知しておけば快適なインターネットライフを送れるのではないかと愚考する次第である。

#SaveApexRankedに関して思うこと

 今更ながら言われだしたApexのチーター問題。

聞くところによるとにじさんじの勇気ちひろさんの配信にBAN権限を持つ人が張り付いてチーターをBANしまくった結果アジアサーバーのチーターが北米サーバーに流れて阿鼻叫喚。そしてタイトルのハッシュタグが出来たらしい。

 Apexに限らずネットゲームのチート問題に関しては15~20年ほど前から色々言われて来てはいるがいまだ根絶には至っていない。なぜか?運営の怠慢?チート対策してもいたちごっこ?中国人が悪い?それこそ様々な要因があるが私が思う一番の原因は、ネットゲームのチート行為は犯罪では無いから。もっと言うと今現在は犯罪として法律に書かれていないからだと思う。

 先日イーロン・マスク氏がビットコインに対して悲観的なツイートをしたせいで大幅な暴落が起きて暗号通貨投資家が怒っているというような記事を見た。私も金融の法律に関しては詳しくないのだが、これを暗号通貨ではなく株式でやると意図的に株価を操作しようとしたとして罪に問われると思う。しかし暗号通貨に関しては未だ規制する法律が整っていないため何の問題も無いとされるのである。

 同じ事がネットゲームにも言える。EAやCAPCOMのサーバーに侵入して開発データを盗んで身代金を要求するのは罪に問われるが、Apexやモンスターハンターのクライアントを改造してエイムボットを使ったり最強装備で無双してもアカウントをBANされるだけで刑法で裁かれたりはしない。なぜなら法律に書かれていないから。チーターはBANされても新しいアカウントを用意してまた遊べばいいのだ。

 この問題を有効に改善したいならばチート行為を犯罪だとする法律を作って貰うのが一番だと思う。ネット関係の法律にくわしい国会議員に議員立法で国会で審議してもらうのだ。その様な議員がいないなら立候補者を募るのだ。その為に必要な資金や人材を集めるのだ。同じ志を持つ賛同者を集めて政治団体を作るのだ。団体名は「ネットゲームにおけるチート行為への罰則を求める会」略してNCBだ。

 冗談っぽく書いたが本気でチートを減らしたいなら必要だと思う。ゲームが好きでお金と人脈が豊富な方がいるならばぜひ大志を持って立ち上がって頂きたい。ちなみに私はお金も友達も無いのであしからず・・・

金魚坂めいろが夢月ロアといちから運営にパワハラ受けて辞めさせられた件

久々にツイッターでは収まらない文章を書きたくなったのでこっちに投稿する。

 

タイトルの件については鳴神裁の動画が分かりやすく纏っているのでそちらを参照。


パクリじゃなかった?にじさんじ運営と夢月ロアが金魚坂めいろを辞めさせた真実

 

これに関して所感を述べていく訳だが、運営4ロア4金魚2ぐらいで責任が分かれると思う。今回の事態が回避されるポイントで考えるとロアが訛り被りと感じても気にしない、運営がロアの申し入れを取り合わない、もしくは双方納得する条件に調整する、金魚が訛りをロアの気にいる様に矯正する、この3つが金魚が引退せずに済む条件だ。全てロアの感情が絡んでおり振り回されている感が強い。ではロアの感情を無視して運営が取り合わないパターンが良いかと言うとそうすると今度はロアが引退すると言ってくる。タイトルが"夢月ロアが金魚坂めいろといちから運営に無視いじめを受けて引退した件"になる訳だ。

 

そこで運営は考える。このメンヘラ女共はどっちを立てても直ぐに引退だ卒業だと炎上しそうな事言いやがる。どちらかを辞めさせなければ収まらないなら現状稼ぎが上のロアを残しておくか。金魚坂さん、あなたの訛りあれロアさんのパクリですよね?ロアさんが嫌がってるんで直して下さい。無理そう?困ったなーそうすると評判が悪いまんまだし案件も回せないし何ならロアさんも引退するって言ってるし本当に困っちゃうなーどうにかなりませんかねー金魚坂さん?

 

運営が安易な成果主義で派閥の調整をする限り今後も同様の事案が発生するだろう。内部のゴタゴタを表に出してつまらなくするのは誰の為にもならない事を改めて考えて欲しい。