読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北風は勇者バイキングを作った

人間分析 日記

ツェペリのおっさんがそんな事をジョナサンに教えていた事を思い出しました。

お笑いコンビピースの綾部祐二(38)が来年3月いっぱいでピースとしての活動を休止してニューヨークに移住すると発表したとスレッドが立っていました。綾部はかねてから将来はニューヨークに移り住みハリウッドのレッドカーペットを歩くのが夢だと語っていました。ですのでこの発表を聞いた時もあーやっと移住するのかーと感心したのですが、スレではなにかやらかしたから逃亡する為ではないか?クスリか女か、はたまた相方との格差に嫌気がさしたのかと散々な言われようでした。

確かにいきなりこの移住話を聞けばそう思う人もいるでしょう。相方又吉が芥川賞を受賞しバーターとはいえ一時期は各局バラエティに引っ張りだこになり、騒ぎが落ち着いた後もレギュラーや帯番組こそ少ないものの安定して仕事をこなしていたのに、それを全て捨ててニューヨークに行くと言うのですからアタマがおかしくなったか日本にいられなくなったと推測するのも至極当然だろうと思います。

ですが私はこの無謀とも言える挑戦を応援します。正直綾部の夢は子供っぽい憧れだと思いますし、2〜3年でビッグになって帰ってくるとコメントしているのも見通しが甘すぎると考えています。海外にはそこに暮らす人々の歴史と文化があり日本とは全くの別物です。そしてお笑い、コメディはその歴史と文化を深く理解しなければ成り立ちません。ましてやショービジネスの聖地とも言われるニューヨークでやろうと言うのは無謀を通り越して無理かもしれません。しかしだからこそ行く価値があるのです。寒風吹きすさぶ北海の様な厳しい環境に身を置いてこそ勇者バイキングに成長できる可能性があるのだから。