読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タバコは変わった。

そんな訳でアイコスを購入しました。

f:id:Kirika226:20170421212501j:plain

オリンピックやらWHOやらで屋内完全禁煙だ分煙だと、今後一層肩身の狭い思いをするだろう喫煙者の打開策として登場した電子タバコの第三世代機。マルボロフィリップモリスが開発・販売している。JT日本たばこ産業)はプルームテック、ケントのBAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)はグローを日本で販売している。

2016年にアイコス芸人から人気が広がって入手困難だったが3月の新型発表の影響で旧型はコンビニにも出回るようになった感じ。頼んだ時は半年待ちもあると言われたが1月で手元に来たぞ。

紙巻タバコと比べると充電の手間はあるが、煙が出ない・灰も出ない・有害物質大幅除去とかなりスペックが上がっている印象。屋内禁煙の場所でも電子タバコならOKと言う論調もあるそうな。まあ手間とは言っても紙巻き以外のタバコなら葉巻はカットしないとだし、パイプやキセルは葉っぱを詰めたりマッチを使わないといけないし、水タバコなんて専用の場所がなければ無理な事を考えると十分実用的だと思う。

実際の所WHOや国がなぜタバコを問題視してるかと言うと健康被害による保険費用を減らしたいと言う思惑な訳ですな。でもタバコの消費量が減るとタバコを作ってる農家とか販売会社、もっと言うと国も税収が減ってしまって困るので健康被害の少ないタバコを作ろうとして出来たのが電子タバコ。紙巻きタバコの有害度を100とすると電子タバコは4らしい。

今後は紙巻きからどんどん電子タバコに切り替わる流れになると思うので、喫煙者諸兄はこのビックウェーブに乗り遅れない様にしよう!

多様性は文化の盗用なのか?

いつもの様に2chのニュース板を巡回しているとこんな記事でスレッドが立っていた。

www.j-cast.com

記事によると白人が他文化を真似して作品を作る行為は「文化の盗用(Cultural appropriation)」であり「ホワイトウォッシング(Whitewashing)」と呼ばれるらしい。

一方でこんな記事があった事を思い出した。

nlab.itmedia.co.jp

作者は原作では肌の色の指定は無いと言っているが、大ヒットした映画ではハーマイオニーは白人の女の子であった。その役を黒人が演じる事は「ブラックダーティング(Blackdirtying)」とでも呼ぶつもりだろうか。

この二つのニュースからもわかる通り欧米では差別被差別意識が日本では考えられないほど強く存在している。他文化に好意をもって尊敬対象として模倣しても小馬鹿にした猿真似と同じであると見なされる。

 

こういった文化の改変を評価するにあたって個人的に一つの指標を教えられた話がこちら。

f:id:Kirika226:20170218140803p:plain

寿司がアメリカでカリフォルニアロールになろうとも美味ければ一つの料理。

三国志や戦国時代の武将が美少女キャラになろうとも面白ければ売れるのだ。

差別だ原作レイプだと騒ぐより変わった事による恩恵に注目していけば多少はましな世の中になるのではなかろうか。

トランプ大統領就任演説でまたメディアは騒ぎ立て

新聞も一面で取り上げていますが内容は概ね以前から発言していた物と変わりませんね。雇用を回復させて偉大なアメリカを取り戻す。その為の関税ブロック経済やメキシコの壁や駐留米軍の見直しと言う内容でした。

マーケットもいつも通りの失望下げからの期待上げで全体ではあまり変化がありませんでした。そんな中で日本が一番に取り組まなくてはならないのはTPP離脱宣言に対してでしょう。オバマ前大統領の任期中に発行までしたかったのでしょうが残念ながら至らず、トランプ大統領は強硬に離脱を宣言しているので早期の再交渉かあるいは2国間協定を新たに交渉しなければ中国が進めている域内包括的経済連携(RCEP)に遅れてしまい、中国抜きで国際的な貿易ルールを作って従わせると言う目論見が頓挫してしまいます。

日本側はそういった諸々の交渉の為の会談を就任式直後に打診していた用ですがアメリカ側から来月にと言う返事が来てその辺りで調整しているようです。次の注目ポイントはこの会談ですね。経済的な繋がりを強固にして同盟関係をより深化させる働きかけに期待しましょう。

書くことが思い付かない事を書く

前回の記事からはや2ヶ月ぐらい。この間も色々な事が有ったはずなのに、ここに書き付ける意欲に結びつかなかった。

ゲームであったり政治経済であったり巷のニュースであったり、それなりに書けるネタは有ったはずなのに何故だろうと思う。

元から飽きっぽい所はあった。ミクシィで日記を書いてもゲームを進めていても塾で課題をこなしても部活の大会に出場しても、本来の最初に見立てていた目標地点に届いていないけれど、この程度できればいいかと満足してしまうタイプだ。こんな中途半端ではいかんと思う事も度々あるけれど本格的に困る事が無いのなら楽に心穏やかに過ごせる状態も悪く無いと思うのも確かだ。

どの分野でも一角の者になって生業にしようと思えばさぞかし辛い事が多いだろう。それでも続けられる人がいるのは辛い中にも楽しみや喜びを見つけられたからなのだと思う。そういった人はいったいどれぐらいいるのだろうか。継続する力を、力になる喜びを見つけられない人はどうやって生きていけばいいのだろうか。教え導いてくれる人や思想に出会えた人は幸福であると思う。

畳とマウスは新しい方がいい

 

前から放送凸している配信者に触発されてマウスとマウスパッドを新調しました。f:id:Kirika226:20161124225838j:plain

こんなのがアマゾンの箱に入ってきました。マウスパッドがカレンダーぐらいの横幅とボリュームがあります。早速開けて配置して見ました。

f:id:Kirika226:20161124225904j:plain

普通サイズのマウスパッドの4.5倍ほどの広さがあります。FPSでは振り向きと言って視点を180度動かす幅で感度を表します。今までのパッドでは4センチぐらいで主に手首だけで動かしていましたが、このパッドなら12センチまで感度を下げる事が出来ました。これでより細かいエイム調整ができる様になるので今まで苦手としていたスナイパーライフルも実用レベルになるのではと期待しています。

f:id:Kirika226:20161124225941j:plain

マウス本体は有線から無線の物に変更。重さはほぼ同じですが側面に大きくラバーが貼られていてグリップ感は向上しました。ボタンのクリック感も軽いけれどしっかり押した感触があっていい感じです。ホイール部分は溝があって回した感触がはっきり感じられる様になりました。

f:id:Kirika226:20161124230020j:plain

これが充電状態です。このままでも動かせますが横にあるレシーバーを接続して机の奥に置いておくのが通常ですね。

今までのマウスは本体と同時に購入した別メーカーの物で有線だったので今回無線の物にして見ました。全体的に使用感が向上しているので、良い買い物だったと思います。

アメリカ大統領選から見える世界

マスメディアの下馬評を完全に覆してドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領選挙を制しましたね。今回は史上最低の嫌われ者対決と言われていましたが本当にそうだったのでしょうか?

それぞれが獲得した州を見ると東海岸西海岸の大都市部、いわゆるエスタブリッシュ(支配階級)の多い地域はヒラリー支持。中部南部の中産階級が多い地域はトランプを支持している事が分かります。これはリーマンショク以降ウォール街や自動車BIG3などに代表される大企業には公的資金を注入して助けたのに労働者の待遇は改善されなかった不満の表れと取れるでしょう。

そしてイギリスのEU離脱(ブレグジット)でも表面化した事前予想や出口調査の精度の低下。これは既存のマスメディアを介さずにインターネットでそれぞれの本音を共有して投票した結果と言えます。今回の大統領選挙でも隠れトランプと呼ばれた自分の考えを表立って発言しづらい人々が投票した事が予想を外した原因と言えるでしょう。

この様に表面に現れない意見は無いものとして扱うのは大きな間違いです。人は誰しも言葉にできない思いを持っています。普遍的な人生の幸福を考える事がこの心の声を汲み取る手段です。

一部の人間の利己的な意見をさも世界の全てであるかの様に偽る事を辞めなければ本当の平和は訪れないと感じた大統領選挙でした。

高樹沙耶が大麻所持で逮捕

お金がない!の社長の恋人かつ部長役とか相棒の小料理屋の女将役で比較的知っている女優ではあったけど、最近は医療用大麻解禁を訴えて選挙出たり石垣島で男4人と暮らしていたり(おそらく大麻栽培の為)なんだかなぁと思っていたら今回の逮捕。主張に正当性があったとしても法律に違反していては世間の共感は得られませんな。

大麻は危険ドラッグなんかと同じ様に覚せい剤への入り口として売人が配るから取り締まられている。健康にいいとか一回だけならすぐ辞められるとか言って最初はタダでばら撒いて、食いついたら金を巻き上げ出す。段々身体が慣れてきて大麻では同じ快楽を得られなくなってLSDやらヘロイン、コカインに手を出し始めるわけだ。

そうなるともう断薬するのは自力では不可能になる。海外ドラマのエレメンタリー〜ホームズ&ワトソンでは主人公のホームズがヘロイン常用者だった設定で薬物中毒者が社会復帰する困難な過程が学べる。付添人(ワトソン)と同居して回復の経過を見守ったりグループミーティングで他人の問題を聞いて自分の問題も話して共有する事で連帯感を作ったり、そのミーティングで知り合った人に後見人になって貰って相談したり様々な治療プログラムが必要になる。それでも日々の生活の中に薬への誘惑を感じてしまうのだと言う。ヘロインやコカインの文字を見たりニュースで麻薬関連の話題が出たりしただけでも薬をやった時の感覚が連想されてまたやりたくなってしまうらしい。

医療用大麻は確かに必要かもとも思うけれども推進してる人が逮捕される様な使い方をしてるうちは解禁される事はないでしょう。